貝  柱  ひ  と  み  の  不  定  愁  訴  短  歌


6

HB

芯を水面に

差しこめば

タイルの目地に

鉛の迷子